VIPSブログ

記事を書いて5ch発の暗号資産(仮想通貨)「VIPSTARCOIN」を投げ銭してもらう誰でも参加型のブログです

WebAPIを学べばプログラミングの幅が広がる

(中途半端にプログラミングをかじった人向けの記事。一切やってない人や、ちゃんとやってきた人は読まなくていい)

 

理系の大学生や高専生なら、授業や課題などでさわり程度はプログラミングをやったことがあるかもしれない。今なら小中学生も授業でやったりするかな?

この手の学習はだいたい四則演算をしたり、if文で分岐したり、while文で処理をループさせたりする辺りで終わってしまう。

情報学科ならもっとやるだろうし、興味のある人間なら突き進めて学ぶだろうが、中途半端にかじった人間ならここまでしか知らないままプログラミングを終える。自分も中途半端に終わった一人だ。ポインタとかいう謎の概念は未だによくわかっていない。

 

これだけなら大したことはできないが、インターネットから情報を取得したり、逆にインターネットに情報を送れるアプリを作れるとしたら、もっとできることが広がる。

そのための技術がWebAPIだ。これは、web上でデータをやり取りするための仕組みである。

 

例えば、下のは為替のWebAPIである。このURLを叩いてブラウザで開いてみると、各国通貨のレートが表示されることがわかる。このように、WebAPIはhttp~の形式で呼び出すことができる。

http://api.aoikujira.com/kawase/csv/usd

これをpythonでもjavaでもRubyでもC++でも何でも良いが、WebAPIから情報を取得する関数で呼び出せば、自分のアプリ上でこの値を扱うことができるようになる。

 

情報取得だけでなく、情報の送信も可能である。仮想通貨取引所では、チャートを取得したり、注文を送信できるAPIを公開しているので、WebAPIを学べば自動取引BOTなども開発できる。

 

色々なwebAPIが見つかるサイトがある(有償多めだが)ので、自分のやりたいことが実現できそうなものを探してみると楽しいかもしれない。

APIを探して、試して、使える - APIbank

 

VIPSブログなので一応書くが、VIPS関係のAPIは過去にドキュメントを作った偉人がいるので、これを参照してVIPSアプリを作ったりできるはずである。

https://vips-wallet.github.io/docs/insight-api/html/ja.html

 

思いつきのクソゲーを作るためにプログラミングとWebAPIを学ぶことになってしまったが、そのおかげでディスコードBOTや有用なサイトを作れるようになったので怪我の功名だった。

 

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

投げ銭

VIPSアドレス:VAwerKKriwuDr13bW15dXUyx7cV7etHiGx

ヌクモリンク:このブロガーに1000 VIPS を送る!

(ヌクモリンクの導入はここからどうぞ)

Discord

[VIPSTARCOIN]