VIPSブログ

記事を書いて5ch発の暗号資産(仮想通貨)「VIPSTARCOIN」を投げ銭してもらう誰でも参加型のブログです

「中学生でもわかるように」は曖昧だから細分化しろ

ただの仕事の愚痴

 

文書や資料を作るときに、よく言われるのが「中学生でもわかるように書け」。専門用語を使わずにできるだけわかりやすく書くように、という意味で使われるが想定する中学生のレベルが人によってまちまちすぎるので、この言い回しは誤解を生むからやめてほしい。

 

意識高いコンサル本でよく出てくるフレームワークにして分別すると、(よく知らないがコンサルという人種はこういう表で単純化すると満足するらしい)世の中の人間は下の4種に分別できる。

 

f:id:Flametongue:20210320122420j:plain

 

Aはそれほど意識しなくても情報を垂れ流すだけで勝手に理解して学ぶので、あまり気にする必要はない。

Bは知識はあるが積極的に学ぶ姿勢がないだけなので、好奇心を刺激するような作りにすれば読んでくれる。

Cは専門用語などはわからないが、知りたいという気持ちはあるので平易な言葉を使って説明していくようにすれば良い。

中学生でも~で想定しているのはだいたいCだが、D層も想定しろと言われる。

Dはそもそも聞く気がないので、わかりやすく噛み砕く努力が無駄になる。理解する気がないくせに理解できるように説明しろと言ってくるタチの悪い輩もいるので、わからせるのではなく「わかった気にさせる」ように整えないとならない。

 

料理本の「塩少々」は「少々は調整しながら少々だろ」と当然のように言う。味の好みでA層にとっては10~20gの調整という想定なのだろうが、料理をしないC層は1gか10gか100gか1000gなのかすらわからないので説明が必要だというのはわかる。しかし、「塩って何?」というレベルのD層は相手にしても無駄なので、そこまで想定しなくてもいいだろう。

 

もっと分類すると、A、B、C、Dも細分化できる。傲慢かもしれないが自分はC2くらいに属していると想定しているので、知識をB,C層が使えるように噛み砕くことを意識しているつもりである。Cランクの雑魚がやるよりAがやるほうが当然良いに決まっているが、A1はA4までを意識した情報しか提供しない傾向があるので、無様を晒しながらCがやらざるを得ない。

 

f:id:Flametongue:20210320122433j:plain

 

要するに、Aはもっと仕事しろ、Dに理解させるのは無駄にコストが高いからやめさせてくれという愚痴が言いたかった。

中学生はピンキリすぎるので、ペルソナ(サービス・商品の典型的なユーザー像のこと。コンゴトモヨロシク…ではない)を設定するなら偏差値である程度段階分けできる大学生で区分する方が良い。 「地方大学生(医除く)でもわかるレベル」とか、「Fランでもわかる」とか。

 

 

ブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

投げ銭

VIPSアドレス:VAwerKKriwuDr13bW15dXUyx7cV7etHiGx

ヌクモリンク:このブロガーに1000 VIPS を送る!

(ヌクモリンクの導入はここからどうぞ)

Discord

[VIPSTARCOIN]